結婚の理想と現実

日本の離婚の件数が増加しているそうです。
今や3組に1組は離婚をすると言われているのです。

しかし、自分が離婚するなんてことを考えながら、結婚する人はいないと思います。
誰もが永遠を誓い、相手のことを一緒大切に思い、共に生きていくんだと心に決めて
結婚するのでしょう。

しかし、夫婦になり、死ぬまで一緒に生きていくということは、楽しいばかりではありません。
むしろ、結婚してからは苦しいことの方が多いという人も少なくありません。

女性は特に、結婚するということに夢を抱いている人が多いと思われます。
結婚すれば、幸せになれると。結婚して幸せにしてもらえると。
それは危険な考えだと言っておきます。何かと結婚を美化する傾向が日本は強いようです。
プロポーズを受けたり、結婚式の打ち合わせで幸せ気分でいっぱいになって嬉しさのあまり、
この後の現実なんて見えなくなってしまっているのです。

つまり、結婚とは甘くないのです。楽しいのは新婚のうちだけです。
理想ばかり抱いていては、結婚はできません。
しかし、結婚の全部が全部、苦しいものと言っているわけでもありません。
しっかりとお互いの気持ちを話し合っておけば、結婚後、
理想に近い結婚生活を送ることができると思います。

copyright(C)リコンハテナ